2011年3月12日の山陽・九州新幹線直通運転開始に合わせて開発された車両です。
N700系車両をベースに8両1編成として、セミアクティブ振動制御を全車に搭載し乗り心地の向上をはかりました。デザインは「和」を基本コンセプトとし、洗練された美とプレミアム感を表現しています。

形式

定員
(座席)
電気方式 AC 25000V, 架空線方式
車体長 27100mm(先頭車) 24500mm(中間車)
車体幅 3360mm
車体高 3600mm