JR筑肥線と福岡市交通局地下鉄線への相互乗り入れを前提とし、新しい発想で開発した車両である。接客設備を改善し、また弾性床の採用により床下からの騒音防止を図った。

形式

定員
(座席)
電気方式 DC1500V 架空線方式
車体長 19750mm(先頭車) 19500mm(中間車)
車体幅 2800mm
車体高 3620mm(パンタなし) 4050mm(パンタ付)