車体側面にレーザー溶接技術を採用し、スポット痕の少ない外観である他、先頭部にクラッシャブルゾーンを設けるなど、車体構造に最新の知見に基づく安全対策を取り入れました。車内には、321系で採用された大型情報配信装置が設置されたほか、 吊手・保護棒の識別容易化をはかっています。

形式

定員
(座席)
電気方式 DC1500V 架空線方式
車体長 19570mm o(先頭車) 19300o(中間車)
車体幅 2950 o
車体高 3630 o(パンタなし) 4085 o(パンタ付)